晴れ晴れ生活のつくりかた

カウンセラーとして働くアラフォーパパのブログ。読者も私も前向きになれる記事を書きたい。純粋な気持ちです。

有意義な通勤時間の過ごした方

こんにちは。ハレバレです。

 

会社勤めのあなたは通勤中、特に電車に乗っている間、どのように過ごしていますか?

 

私は毎日1時間くらい電車に乗って通勤しているのですが、iPhoneをフル活用しています。ニュースサイトをみたり、電子書籍を読んだり、動画をみたり、仕事のTO DOや予定を確認したり…といった感じです。今はブログの下書き作りも始めています。後は寝る事でしょうか。

 

ふと、「往復2時間を毎日続けたら、物凄い積み重ねになるのでは?」と思いましたので、今回は通勤時間を有意義に使う方法を考えてみたいと思います。

f:id:harebarepapa:20190405081822j:image

まずは考え方を転換する

その人の未来は電車の過ごし方に現れている – アゴラで、肥後庵の黒坂さんは次のように述べられています。

片道1時間の電車に乗るのであれば、一日で2時間、週10時間、月40時間、年480時間もの間電車に乗っている事になります。更に遠方から学校や職場に通っている人は、この時間は更に長いものとなります。

 

この移動時間をどう取り扱うか?それはそのままその人の「人生をどう生きたいか?」という人生観の現れです。

なるほどー。確かにそうかも。時間をつぶすための過ごし方ではなく、より積極的な時間の活用という考え方が大切と感じました。

過ごし方の方法を知る

では、実際にどんな過ごし方が、自分にとって有意義であり、かつ楽しく、さらに無理なく自発的に続けられるのか?(ハレバレ的にはここが大切です!)

 

まずは色々な方法を知識として知る必要がありますね。何事も、自分が知っているものの中だけで判断していては、世界は広がりませんから…

 

5年後に断然差がつく! 通勤時間の有意義な過ごし方11選 ~片道1時間で1年で約486時間~ | おいしさ発見メディア「furi-kake(フリカケ)」の記事が大変参考になります。というか、これを読んだら私の記事は不要かも。苦笑。記事の中では主に11の取り組みが紹介させていました。これらを、通勤時間別に推奨したり、乗り換えのブロック毎で組み合わせる方法などが紹介されています。なるほど!分類という考え方ですね。

  1. 新聞を読む
  2. ラジオニュースを聴く
  3. 英語でニュースを聴く
  4. 簡単なエクササイズを行う
  5. 1日のTo Doをまとめる
  6. 乗客を観察してマーケティング調査をする
  7. ビジネス雑誌やビジネス書を読む
  8. オーディオブックを聴く
  9. 映画をみる
  10. 小説などの創作をする
  11. 資格取得の勉強をする

私としては、6番は新鮮でしたし、10番はブログの下書き作りが当てはまるのかな?と感じました。また自分なりの分類が出来るのでは?と思った次第です。

自分自身の方法を整理する

前述の内容をもとに、自分に合った方法を考えてみました。方法について、目的毎に分類をしてみました。

自己投資・勉強系

  • ニュースのチェック
  • ブログの下書き作り(その為の情報収集)
  • 実用書を読む

仕事の円滑化系

  • 仕事のTO DOや予定の確認、整理

趣味・熱中系

  • 漫画やライトノベルを読む

趣味・癒し系

  • 家族写真を眺める
  • 音楽を聴く

息抜き・発散系

  • ネットで洋服や食べもの掘り出し物を探す

休息・ケア

  • 寝る
  • 目や顎のマッサージをする

 

おお!やっぱり分類してみたら、色々と整理できた気がしてきました。

 

その日の疲労や気分、つまり心と体に合った分類のものを組み合わせれば、「自分にとって有意義であり、かつ楽しく、さらに無理なく自発的に続けられる」のではないでしょうか。 

 

勉強などの自己投資ばかりでも、私には苦行になってしまいますし、その日の心と体に合わせた過ごし方が、ハレバレは好きです。

おわりに

今回はふと思い立ち、有意義な通勤時間の過ごし方について考えてみました。

 

過ごし方の内容よりも、分類を自分なりに整理できたことで、前向きな通勤時間を過ごせそうです。心と体の晴れ晴れ生活に繋がる気がしますね。

 

あなたもぜひ、通勤時間の過ごし方について、方法や目的など振り返ってみては如何でしょうか?漠然と行っていたことが、実は大切なことのように思えるかもしれません。

 

それでは、今回もご覧くださいまして、ありがとうございました。