晴れ晴れ生活のつくりかた

カウンセラーとして働くアラフォーパパのブログ。読者も私も前向きになれる記事を書きたい。純粋な気持ちです。

寒い朝、布団から出たくない…を軽減する方法!

 こんにちは。ハレバレです。

 

もう3月になりましたね。日中は寒さも大分和らいできて、ぽかぽかと気持ち良くなってきました。

 

しかし、まだまだ、朝は冷えませんか?私は出勤時間上、6時には起床しているのですが、毎朝布団から出るのが苦痛で苦痛でたまりません…

 理由は、単純に寒いことや眠いことに加え、「今日もこれから仕事か〜」と気が重く、気持ちや頭を仕事モードに切り替えるが億劫だからです。

 

休日明けとかはもう最悪のテンションです…全然、晴れ晴れとしてないですね…(ー ー;)

 

あなたは気持ちよく布団から出られますか?

 

同じように中々布団から出られない方に向けて、ハレバレの実践を紹介します!

かなり簡単な方法なので誰にでも役立つのでは?!と思っています(*^-^*)

f:id:harebarepapa:20190406001805j:image

精神論ではない。技術で苦痛を軽減する!

「寒い&布団から出られない」というキーワードで検索すると色々な記事がヒットしますが、その中には「気持ちを切り替える」旨のものがありますよね。

 

ただ、私は布団から出る時点で、気持ちを切り替えるのはかなり厳しいです。というか、眠くて、寒くて後ろ向きな気持ちしかありません…(-_-)zzz

仕事を休む言い訳とか、何通りも考えてしまいます。苦笑

 

布団から出て、食事や朝の支度、シャワーを浴びたりしていると、体や頭が温まり、徐々に気持ちも仕事モードに切り替わっていきます。

 

しかし、とにかく、まずは、布団から出る第1歩が苦痛なのです。

 

私の場合は、目覚めてすぐに布団から出るのは地獄なので、あえて目標時間の15分くらい前に目覚ましをセットし、あと15分は横になれる!と、モラトリアム時間をつくっている始末です(^^ゞ

 

なので、布団の中からいきなり「よし!起きるぞ!」と悟りを開くのは諦め、「ぼちぼち起きるか~」と思えるレベルまで、苦痛を軽減する技術を探して実践してみました。

 

お勧めの方法

1 グーパーストレッチ

こちらは寝ながらグーパーをするだけです。笑

 

しかし、侮れません!やってみたら結構効果があります。私はこちらの記事(冬の朝が弱い方に。誰でも2分ですっきり起きられる『手足のグーパー体操』 | ライゼスポーツ | 大阪府和泉市のメディカルストレッチジム)を参考にさせていただきました。

グーパー体操を30回程行うことが推奨されています。

 

手足を動かすことで、血流が促進され、体が温まり頭もスッキリとしてくるのです。

すぐに起きるのは苦痛でも、とりあえず布団の中でグーパーすることは問題なくできるので、初めのアプローチとして最適で、ハレバレの朝のルーティーンになりました。

 

あと、足首をぐるぐる回すのも気持ちよくて、合わせて行うようになりました。

 

2 布団の中でゴロゴロ

グーパー体操が思ったより効果があったので、布団の中で出来ることをもっと増やそうと思い、こちらの記事(朝起きられない人は「ガバッと起きずにゴロゴロするとよい」に共感の声、専門家の見解は? | オトナンサー)を参考にオリジナルで実践しました。

 

血流を促進して体温を上げ、頭をスッキリさせるという原理は、グーパー体操と同じで、もう少し動きを大きくすることでより、起き上がる行動への抵抗感を無くすねらいです!

 

やりかたは、たった10回だけ、布団で左右交互に左ゴロ→右ゴロと繰り返すだけです。その際に、ストレッチのように、膝を立てて反対側に倒す(右ゴロのときは、左ひざを立てて右に倒す)とすると、起きるための身体の準備が出来上がります。

意外と効果がありました!

あれ?2つでもう終わり?という声が聞こえそうですが、私はこの2つを実践するだけで、布団から出ることに対する億劫さはかなり軽減されました。

次のような流れで苦痛は減っています。

  1. 目が覚める→もう朝か…起きるの嫌だな…という気持ち。
  2. とりあえずグーパー体操は簡単だからやっておこう→ちょっと頭がスッキリ。
  3. ちょっと目が覚めてきたし、ゴロゴロ運動もしておこう→頭がもっとスッキリ、体もあったまってきた。朝からちょこっと脂肪燃焼できたかも…やった!
  4. 動くのが辛くなくなった→とりあえず布団から出よう

という感じです。ポイントは1~2のあたりで、仕事とか余計なことは考えないことです。「まだ布団で温まれる」という気持ちよさを噛みしめながら、グーパー対応に集中するのみです。

 

布団から出さえすれば、あとは、シャワーを浴びたり食事をする中で、いやでも頭が仕事モードに切り替わっていきます。

 

おわりに

今回は「寒い朝、布団から出たくない…を軽減する方法」を実践した結果をお伝えしました。

 

アラフォーのパパが、しかもカウンセラーのくせにという恥ずかしさもありますが、意外とシンプルな方法で効果があります。

同じような悩みを抱えるあなたに、少しでも参考になれば幸いです。

 

それでは、最後までご覧くださりありがとうございました。