晴れ晴れ生活のつくりかた

カウンセラーとして働くアラフォーパパのブログ。読者も私も前向きになれる記事を書きたい。純粋な気持ちです。

アサーティブな自己表現を行う3つのステップ!

こんにちは。バレバレです。

 

今日はいよいよ、アサーティブな自己表現を行うためのステップについて、考えていきます。

f:id:harebarepapa:20190310195157p:image

振り返り

前回までは、次の3つの自己表現のタイプについてご紹介し、アサーティブな自己表現の大切さを、お伝えしてきました。

 

今回、はじめて私の記事を読んでくださった方に、簡単に概要をご紹介します。詳細はぜひ過去記事をご覧ください。 

 

引き続きの方は読み飛ばしてください

m(_ _)m

3つの自己表現のタイプ

①非主張的(ノンアサーティブ)自己表現
  • 自分よりも他者を優先し、自分を後回しにする自己表現。
  • 自分の思いを引っ込めてしまい、状況や周囲に流されてしまいがちな自己表現のタイプ。
  • 心理的負担が蓄積し、メンタル不全にもつながる懸念。
②攻撃的(アグレッシブ)自己表現
  • 自分のことだけをまず考えて行動し、時には他者を踏みにじることにもなる自己表現。
  • ノンアサーティブとは反対のタイプ。 
  • 孤立感、後悔、イライラなどにより葛藤する可能性がある。

※ノンアサーティブとアグレッシブは凹凸関係で、互いの悪い特性がより顕著になる。

③アサーティブな自己表現
  • 自分のことを第一に考えつつも、他者にも配慮する自己表現。
  • 前の①②の間のちょうどよいバランス。晴れ晴れコミュニケーションが目指す自己表現。
誰もが、どのタイプにもなり得る
  • 誰もが、時にアグレッシブ、時にノンアサーティブ、時にアサーティブと様々な面を持っており、その時々の場面、相手、生じている事柄などで変化している。
  • アサーティブな自己表現を行うには、「あなたがどのような場面、人、事柄の時に、どのような自己表現を行いやすいか」について、自己理解を深めておくことが大切。

blog.harebarepapa.jp

考え方をアサーティブにする!

では、どうしたら、アサーティブな自己表現をスムーズに行うことができるのか?

 

あなたは、話す内容、話す時の表情や態度、話すタイミングなど、「伝え方のノウハウについて知りたい!」という気持ちを持っているかもしれません。

 

しかし、伝え方に関するノウハウについては、次回にご紹介させてください。

 

というのは、伝え方はもちろん大切です、大切なのですが、まずは あなた自身の考え方をアサーティブにすることが何よりのキーポイントなのです!

 

晴れ晴れとしたコミュニケーション(2)で「アサーションを意識すると、自分自身のコミュニケーションのスタイル・スキルついても、かなり気づきを深めることができます」とお伝えしました。

 

反対に言うと、「気づきを深めないと、本当の意味でアサーティブなコミュニケーションを行うことはできないんだ」と私は思っています。

 

ここからは、

  • 「アサーション入門」(平木典子,講談社現代新書、2016)
  • 「改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために」(平木典子、金子書房、2009)

を参考に、私なりの解釈を加えて、大事な点をお伝えしていきます。(*^_^*)

アサーティブな自己表現のステップ

コミュニケーションは相手との双方向のものです。

したがって、最初はどちらかが「伝え手」で、どちらかが「受け手」になります。

 

ですので、自己表現をする機会は、①こちらから伝える場面と、②相手から伝えられたことを受けた上で、伝え返すこと、すなわち、先手と後手の大きく2つの場面になることを押さえておきましょう。

 

では、アサーティブな自己表現を行うためのステップはというと…   何と!  たったの3つ!です。先手、後手、どちらでも同じステップです! 

  1. 自分の気持ちや考え方を確かめる
  2. 正直に言語化する
  3. 相手の反応を受け止める

はい、この3つだけです!とってもシンプルですよね。シンプルイズベスト!!

 

今日は3つのステップについて、ポイントを理解していただければ、大変うれしく思います。(^^)/

①自分の気持ちや考えを確かめる

すべてはここが出発点です。ここを抜かしてしまうと、アサーションのスタートラインにも立てません。(:_;)

 

自分がどうしたいのか?今どう感じているのか?

  • 例えば、嬉しい、悲しい、不安、緊張などの感情
  • 例えば、相手にこうしてほしい、自分はこれを望んでいるなどの思考   など。

自分の気持ちに目を向けず、「相手はどんな気持ちだろう?」「どうしたら相手を納得させられるか?」などと、他者に気をとられ過ぎると、ノンアサーティブやアグレッシブな自己表現になる傾向が強まります

 

まずは自分が感じていること、考えていることに向き合いましょう。

 

でも、意外にも自分の気持ちや考えって分からない時がありますよね。「何で自分はこれを相手に伝えたいのか?」「何か気持ちがモヤモヤしてるけど、どう表していいか分からない」とか。

 

慣れるまでは、すぐに自分の気持ちを整理することは難しいかもしれません。

特に、受け手(後手)になった場合は、事前に準備が出来るわけでもないので、会話の一瞬の中で、整理しないといけません。

 

それでも日頃から意識する習慣をつけることで、必ず成果は出てきます。

 

大切なのは、言葉にできない曖昧な気持ちや、「嬉しくもあり、寂しくもある」などの相反する感情、ジレンマに気づくことです。

 

「難しそう…」と思ったあなた、自分が伝え手(先手)になる時であれば、自分の気持ちや考えを確かめておく時間を取りやすいので、まずはそこから始めてみましょう

②正直に言語化する

次に、①で確かめた自分の感情や考えを正直に、率直に伝えるようにします。

 

このとき、自分の語彙や知識、経験などを総動員して、もっとも自分の気持ちを適切に伝えられる言葉を用いるわけです。

 

私はあまり語彙が豊かでないので、変に難しい熟語などを用いると、言いたいこととズレてしまいます。なので、できる限り具体的に伝えるようにしています。

 

ここで、「えっ?正直に伝えたら、ダメな時もあるでしょ?」とか、「どうしたいか、自分の気持ちが決まっていない場合もある…」と、あなたは思いませんでしたか?

 

例えば、相手の強引な誘いに対して、「何でそんな誘い方をするんだ?」と不快に感じた時、「何でそんな誘いをすんだ!」という言い方は正直ではありますが、相手を非難するアグレッシブな表現です。アサーティブな表現であれば、「急に強く誘われて正直困惑しているのだけど…理由を教えてくれない?」といった表現になるイメージです。

 

また、誘われたことに対して、付き合うか付き合わないか迷ってしまう時、自分の気持ちが決まらない時は「正直、私自身も迷っていて、どうしたら良いかすぐに決められない。誘う理由を教えてほしい」といった表現になるわけです。

 

相手がどうこうというのは、置いておいて、自分の気持ちは〜なんだけど、というスタンスに集中するのがポイントです。

 

①②を事例で考えると

次の場面を想像してください。

あなたは、悩み事を抱えており、ずっと同僚のAさんに相談したいと思っていました。意を決して、今日仕事後の食事に誘うことを決心しました。でも、Aさんはとても忙しそうで、迷惑かも?とあなたは心配しています。

 

この時、「Aさんにどう思われるか?」の思考に引っ張られてしまうと、遠慮の気持ちから「もしよかったら今日食事でもどう?あっ、大した要件じゃないから、忙しければ全然断ってくれていいけど」という言い方をするかもしれません。これは、ノンアサーティブな自己表現です。

 

Aさんの気分を害することはないと思います。しかし、あなたは、「もっとしっかり誘えばよかった…相談できなかった…」などど、自分の気持ちを抑えたことを後悔する可能性があるでしょう。

 

反対に、「Aさんは忙しそうだけど、絶対に話を聞いてもらわなきゃ困る。何とか説得しよう!」と相手をコントロールしようとすると、アグレッシブな自己表現になる可能性が高まります。Aさんの了承を取り付けても、Aさんが心から付き合ってくれていなかったら、あまりいい雰囲気で話を聞いてもらえないかもしれません。

 

アサーティブな自己表現は、「Aさんは忙しそうだから、迷惑はかけられない。でも、私も切羽詰まってるから、何とか時間を作ってもらいたい」という、正直な自分の気持ちに向き合うことから始めます

 

また、「Aさんの気持ちは聞いてみないと分からない。私が想像するよりも忙しいかもしれないし、意外と大丈夫かもしれない」と、相手の事情を勝手に決めつけないこともポイントです。

 

すると、表現方法は「実は、相談したい方があって…。Aさんは忙しそうだから迷惑かな?とも思ったんだけど、ちょっと私も真剣に悩んでいることがあって…。今日時間をもらうことは可能かな?」といった内容になると思います。

③相手の反応を受け止める

くどいようですが、アサーティブな自己表現は「自分も相手も大切にする」事が大前提です。

つまり、相手の事情や意見に耳を傾ける姿勢が必要です。

 

上の事例で言えば、忙しそうに見えるAさんは、あくまであなたの主観によります。実際のことは、Aさんでないと分からないのです。

 

それを、こちらが勝手に、「Aさんは忙しいはずだ」とか、反対に「いや、大した事ないだろう」などと決めつける事は、アサーティブな考え方を阻害し、ノンアサーティブやアグレッシブな態度に陥ってしまう原因となります。相手の事情は相手に教えてもらうしかないのです。

 

①②は、あくまで自分の気持ちを素直に伝えるステップであり、その結果、相手がどう感じ、どう考えるのか、それは相手の自由であり、権利なのです。

 

こちらの、自己表現をした上で、相手の自己表現を素直に尊重して、聞く、そして、再度自分の気持ちを表現するという双方向コミュニケーションが、アサーションの醍醐味です。

 

もし、お互いがアサーティブな考え方を持っていれば、先ほどの事例でAさんが忙しい状況だったとしても、「仕事終わりに1時間だけ」「明日ならゆっくり話せる」「Aさんに今日ゆっくり時間をもらうかわりに、明日仕事を手伝う」などの、はじめにあなたが想定しなかった結果に、2人でたどり着く可能性もあるのです。

 

アサーティブはあくまで互いを大切にするものであって、自分の望む結果に相手を誘導するものではないという事です。(=´∀`)人(´∀`=)

おわりに

今日はアサーティブな自己表現を行うための3つのステップをご紹介しました。

 

具体的にお伝えしようとして頑張った結果、結構な文量になってしまいました(^_^;)

 

しかし、まだまだアサーティブな自己表現を行うポイントは他にもあります。次回は、伝え方のノウハウについてご紹介したいと思います。

 

本日もお付き合いくださって、ありがとうございました。

参考図書

改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために

改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために

 
アサーション入門――自分も相手も大切にする自己表現法 (講談社現代新書)

アサーション入門――自分も相手も大切にする自己表現法 (講談社現代新書)