晴れ晴れ生活のつくりかた

カウンセラーとして働くアラフォーパパのブログ。読者も私も前向きになれる記事を書きたい。純粋な気持ちです。

心が晴れる言葉 10「星をつかもうとしても……」

おはようございます。ハレバレです。

 

今日は、私の父が座右の銘にしていた言葉です。

f:id:harebarepapa:20190405075913j:image

星をつかもうとして手を伸ばしても、なかなかつかめないかもしれない。
でも星をつかもうとして泥をつかまされることもない。

   by  レオ・バーネット

 

レオ・バーネット氏は米国のマーケティング専門家で、世界的な広告代理店レオ・バーネットの創業者です。

 

私の父は物凄いコツコツ努力家で、私とは全然違うタイプでした。

 

地味なことでも、今すぐに大きな変化がないことでも…… 面倒くさがらず、先の見通しを持って少しずつ準備して努力する人でした。

 

多分ですが……父は、『たとえ求める結果にならなくても、努力した事は無駄にならない。ましてや、マイナスには絶対にならない』と自分自身に言い聞かせて、日々を積み重ねたのだと思います。

 

父は聴こえにハンディを持っていましたが、それを悲観するような言葉を聞いたこともありません。『目標に向けて、今自分が出来ることにのみ集中する』ようにしていたんだと思います。

 

もうとっくに定年退職していて、果たして、星を掴めたのかは分かりませんが、とっても晴れ晴れと趣味や日常を楽しんでいるようです。 

(もしかすると、今でも星を目指す途中かも?)

 

ハレバレがこの言葉を好きなわけ

このブログでは、後悔のない晴れ晴れとした生活を送るためには、「自分で選択することが大切」だと、お伝えしてきました。

 

でも、何かを目指すとき、「難しいかな〜」「やめようかな〜」と悩むことって、ありますよね?また、一度足を踏み入れても「このままで良いのかな?」と振り返ることも……    

 

多分、大事なことほど、悩みがつきまといます。

 

その時は、悩んだり、相談したり、時には試行錯誤して、その都度、自分が納得の出来る行動を選択していけばいいと思います。結果、はじめの目標と変わっても、もちろんOKだと思います。

 

あなたが目指したいこと、行動したいことなどを、選択するとき、ぜひこの言葉を心の中で声に出してみてください。

 

悩んでいることが、目指したい目標、大切な目標なら……きっと背中を押してくれます。(*^^*)

 

もし、この言葉から何も感じないのであれば、その目標について、あなた自身が納得できていないのかもしれません。そんな気づきを与えてくれるかも? (^_-)

 

それでは、今日も一日晴れ晴れと過ごしましょう。(#^.^#)